論理と感性についての国際的な研究拠点の形成を目指す 慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター

  • センター活動紹介
    Recent Activities

センター活動紹介

2018年03月15日

2017年度公開研究報告会

2017年度公開研究報告会が2018年3月5日に開催されました。本センターに属する10のサブグループが「論理と感性」に関する今年度成果の発表を行いました。
The Annual Research Report Meeting was held on March 5th, 2018. Ten (10) groups of our Research Center presented parts of their research results and acrivities of the academic year 2017.
.
哲学グループ、倫理学グループ、 美学美術史グループ、民俗学考古学グループ、遺伝と教育グループ、発達科学グループ、生物心理学グループ、認知心理学グループ、認知神経科学グループ、行動心理学社会心理学グループが成果発表を行いました。
Philosophy Group, Ethics Group, Esthetics-Art History Group, Archaeology and Ethnology, Genetics and Education Group, Development Science Group, Biological Psychology Group, Cognitive Psychology Group, Behavioral Psychology-Social Psychology Group presented their recent results and research activites.

当日のプログラムの詳細:
https://abelard.flet.keio.ac.jp/seminar/logic-and-sensibility-2018march/